能力開発機会の付与について

厚生労働省「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」には以下の記述があります。

注文者は、在宅ワーカーが能力の開発及び向上を図ることができるように、業務の遂行に必要な技能及びこれに関する知識の内容及び程度その他の事項に関する情報の提供等、在宅ワーカーの能力開発を支援することが望ましいこと。

(解説)在宅ワークは自営的な働き方であるため、在宅ワーカーは主に自己啓発によって能力開発を行う必要がありますが、習得すべき知識・技能に関する情報は少なく、自己啓発を行いにくい状況にあります。このため、注文者は、在宅ワーカーに必要と思われる能力開発に関する情報を提供するなどにより、在宅ワーカーの能力開発に関する支援を行うことが望まれます。

トレーニングについて

在宅ワークセンターには初心者でも安心の厚生労働省「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」に準拠した「能力開発機会の付与(トレーニング)」の体制も整っています。ご希望の方はお気軽に下記までお問合せ下さい。

お問合せ先:03-5468-0315 (平日9:00〜18:00/相談係)

応募の前にご確認下さい。

上記のトレーニングは応募時の義務や条件ではありませんので、採否の結果に影響することはありません。 有料トレーニングへの勧誘等による応募者の正常な自己判断を阻害することは一切行っておりません。 当業務は著作権に関連した機密性の高い性質から、対面の伴わない募集や資料送付、ネット上など通信のみの受付、取引は致しておりません。
また、当募集は、創業以来在宅ワークセンター以外では行っておりません。他名称及び広告、情報とは一切関係ありませんので、類似広告にご注意下さい。
在宅ワークに関する情報は、厚生労働省委託の(財)社会生産本部“在宅ワーク相談室”にてご確認下さい。

お知らせ

2011年6月より、在宅ワーク相談室は三菱UFJリサーチ&コンサルティングの運営となりました。それに伴い、在宅ワーク相談室の電話番号は、0570-020-050に変更されました。在宅ワークの希望者は年々増加しています。安全な国の在宅ワーク相談室をご利用ください。